« 神南プラクティスワークショップカレンダー | トップページ | 解剖学WS 「骨盤大研究」パート2 »

2008年1月19日 (土)

chamaによるアジャストメント講座 vol.1

2月9、10、11(土、日、月・祝)「chamaによるアジャストメント講座 vol.1」
【レベル ヨガ経験1年~】

TOKYOYOGAディレクターchamaによるアジャストメント講座が行われます。アシュタンガヨガのポーズとシークエンスを素材に、様々な流派のハタヨガにおける「アジャストメント・指導」に活用できるメソッドを、三日間に渡って共に探求します。(合計15時間)
主なテーマは「ヨガのポーズが目指すもの、その在り様」「プラクティショナーとの関係性・「指導」と「侵略しないこと」とのバランス」「共有するフィールド・人と人、その場所」「触れるということ・それ以前とその時」「日頃のプラクティスとアジャストメントを繋げる」などです。
実践的にアジャストメントをしあう時間を多くとりますので、その期間の練習は、自宅でされるか、神南プラクティスのセルフプラクティス時間枠を利用、またはマイソールクラスに参加されることをお勧めします。参加者同士でのアジャストメント時は、最大で6ペアに対する指導となりますので、個別なケースへの対応します。自主的に質問や確認をされる姿勢を歓迎します。
ヨガインストラクターはもちろん、インストラクターを目指す方や、ヨガポーズを通して自分自身を探求したい練習生の方々にもおすすめします。

【日時】 全3日間 約15時間

第1日目 2月9日(土) 8:00-12:00 

---かんたんなヨガの歴史と哲学---座学
・ヨガの成り立ちや考え方から、アジャストメントの在り方について考える
---触れるということ---ペアワークのはじまり
・「静けさへの道をサポートする姿勢」としてのアジャストメントとフィードバックを通して
「練習生(を含めた外の世界)との関係性」を考える。「先ずは自分」から、安定し、心地よく。

第2日目 2月10日(日) 12:00-15:00 15:30-19:30

---プラーナヤーマの基礎知識---
・呼吸やチャクラを意識しながら、自分にとっての中心軸を探す。
  ---アーサナプラクティス---
・呼吸を、アーサナを、自分を観察する。
  ---ペアワークを進める---
・自分の練習・中心・支点を使って、安定をさらに立体化する。
  ---観るということ---場の、お互いの、フィールドと関係性
・全体の視線と部分の視線、そのバランス。

第3日目2月11日(月・祝) 14:15-18:15

---全体として、様々に機能する、いろいろなカラダと、呼吸---
---体幹と四肢、前後・左右・ねじる、そこからのバリエーション---
・アジャストメントに最低限必要な、カラダの機能と構造について、自己観察やペアワークを通して感じる。
---「現場」でのアジャストメント---
・様々な練習生や、基本的なアーサナへのアジャストメントを通じて、三日間の内容を融合する。

【参加費用】31,500円(税込み) 

【場所】渋谷・神南プラクティス

【定員】12名(最小開講人数6人)

【お申し込み 】 ヨガに関しての簡単な経歴をお書きの上、info@tokyo-yoga.com までメールにてお申し込みください。 

【お問い合わせ】03-5458-1082

【chamaプロフィール】TOKYOYOGA神南プラクティスディレクター
定期的にインド・マイソールや海外で研鑽を積み続けるアシュタンガヨガのプラクティショナーであり、個々の生徒に応じた指導に定評のあるヨガインストラクター。クラニオセイクラル・バイオダイナミクスなどのボディワークや機能解剖学など、カラダに関する様々なアプローチを学び続けながら、カラダと人と社会について考えている。大阪・名古屋・福岡などの都市で定期的にワークショップを開催。ウーマンエキサイトでの「みんなのヨガ」好評連載中。
【chamaより】
アシュタンガヨガの自分の練習と平行して、渋谷のスタジオではマイソールクラスを中心にヨガクラスを担当してきまして、大阪や名古屋、福岡などでワークショップを開く際には、一般の練習生の方々向けのクラスやワークショップに加えて、インストラクターの方々向けの講座を開いてきました。
また自分自身の指導力向上のために、国内外で、いろんな先輩ヨガインストラクターの方々のテーチャーズトレーニングやワークショップに参加したり、カラダやボディワーク界の先達の方々のセミナーなどに参加したり、カラダや運動、指導法について学んできました。
そんなこんなの経験や学びの中間まとめを、3連休に行う「アジャストメント講座vol.1」から、順にしていきたいと思います。

|

« 神南プラクティスワークショップカレンダー | トップページ | 解剖学WS 「骨盤大研究」パート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神南プラクティスワークショップカレンダー | トップページ | 解剖学WS 「骨盤大研究」パート2 »